焚き火台でステーキ肉をワイルドに焼いて食う

Takibidai 11

焚き火台で料理。
基本はやっぱり肉かな?

ということで、自称高級ステーキ肉を購入して焼くことに。

山の方はまだジメジメしているので、日光の当たる河川敷で薪を探します。

台風で流れ着いた流木が腐るほどあるポイントを発見したので、ものの3分程度でいい感じの薪を集めることができました。

着火用に藁、小枝、太い枝、そして流木といった順番で燃やしていきます。

Takibidai 06

乾燥した藁があるし、風がそこそこ吹いているので着火剤は必要なし。

100均のスチールウール(金たわし)をほぐして、そこに9V電池をくっつけるとショートするのでファイヤースターターとして使えます。

Takibidai 08

ある程度燃やしていって、炭になるのを待ちます。

炭になったら肉を焼き始めます。

Takibidai 10

焼き網がないので、適当な棒に巻き付けて焼く。

Takibidai 12

見た目はいい感じ。
でも調味料を忘れたので味付けなし。

Takibidai 13

味がない・・・。
さすがアンガスビーフやで。

でも、雰囲気は味わえたのでまあいいか。

 折りたたみコンロ 焚火台

 焚き火台を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です