あれ、ちょっと変わった?新ハンターカブCT125は44万円で6月発売

Ct125 sihanmodel

ホンダビジネスミーティングで、「CT125 ハンターカブ」の市販バージョンが公開された・・・んですが、秋に展示されていたのとなんかちょっと違わない?

発売時期は6月頃。
カラーは赤とベージュの2色で、販売価格は44万円。

うーん。
これで44万円。

C125が40万くらいするので妥当な価格と言えますが、ホンダのバイクって、どんどん高くなっていくな〜というのが実感としてあります。

続きを読む →

ZX-25Rの加速時のエンジン音が公開、クッ・・・なんて音ヨ

Zx25r enginesound

Kawasaki Indonesiaが、Ninja ZX-25Rのエンジンサウンドを動画にして公開しています。

完全新設計の250cc 4気筒エンジンにクイックシフターを搭載、設計や足回りもミドルクラス並のスポーツモデル。車体価格は100万円を超えると予想されていますが、肝心の4気筒エンジンの音はどうでしょうか?

現行の250ccといえば、単気筒のブロロロ〜〜
もしくは、パラツインのビーーン!がデフォ。
250ccで4気筒となると、中古のCBR250RR、ホーネット、バリオスあたりの音がおなじみですが、最新設計のエンジンはどんな音なんだ?

続きを読む →

日本でもADV150が発売、ABS付き45万円、PCXとどう違うんだ

HondaADV150 02

日本でも、Honda ADV150が発売されます。
発売日は2020年2月14日(金)で、価格は451,000円(税込み)。

想像していたよりも高いけど、PCX150ベースだからこんなもんか。

乗り出し価格は50万円、中型〜大型のそこそこいい中古買えるじゃん。

現在、並行輸入車が車体価格40万〜45万くらいで出ていますが、メーカー保証付きの日本仕様が同じ価格帯で登場するということで、並行輸入車の相場はもうちょい安くなるでしょうね。

サスストロークは、フロントフォークが130mm、リアサスは120mm。
現行の150ccスクーターとしては最長で、ちょっとオフ寄りになっています。

そこがPCXとの最大の違いなのか。

PCXは世に溢れすぎているので、他人とかぶるのが嫌な人や、PCXからPCXへ買い換えるのもアレだけどPCXの利便性や経済性は捨てがたいという人にはいいかもしれませんね、これ。

続きを読む →

2020年も現行モデルのXR650L、XR650RやXR250モタードのプレ値について

HondaXR650L 06

日本では完全に絶滅した大型オフロードバイク。
海外では今でも現行モデルとして存在しています。

Honda XR650Lもそのうちの1つ。

2000年前半のオフ車を思わせるルックスですが、これでも2020年モデルです。

主なスペックは、644cc SOHC 4バルブ空冷単気筒 4ストロークエンジン、ドライサンプ式、前後ディスクブレーキ、フロント21インチ、リア18インチ。

続きを読む →

ハスクのSvartpilenに250と200が追加、どこが違う?

Svartpilen250 2020 03

ハスクバーナーの2020年モデルとして、Svartpilenに250と200、Vitpilenにも250が新しく追加されます。

ベースはKTMのDUKE 250 / 200。
インドのBajaj Autoによって生産されるモデルとなります。

日本ではSvartpilen 250のみ正規販売されるようで、日本仕様のスペックは、248.8cc 水冷単気筒エンジン 23 kW (31 hp)、6速MT、154kg、タンク容量9.5L、シート高835mm、最低地上高145mm、ByBre製4ピストンラジアルマウントFブレーキキャリパー、Bosch製ABSシステム。

続きを読む →