OSSのハンカバがめちゃくちゃ良かった

OSS handlecover 00

ベストなハンカバを探し求めて紆余曲折。
KOMINEのハンカバの反動で、奇抜すぎないデザインが最優先。さらに、コストとパフォーマンスのバランスが最も良さげなOSS(大阪繊維資材)のハンカバにしました。

ウェットスーツに使用されるネオプレーンゴムを使用したオーソドックスなハンドルカバーです。

実売価格は2,000円くらいとリーズナブル。

KOMINEのハンカバは、透明窓が経年劣化で破れるという弱点があったので、今回は透明窓無しのタイプということでデイトナとOSSが候補にあがりました。

デイトナのハンドルカバーとこれとはほぼ同じ見た目で、もしかしてOEMか?と言われていて、たしかにそれっぽい。物が同じなら安いほうがいいやということで、OSSの方を購入。

OSS handlecover 02

OSS handlecover 01

透明窓がない代わりに、スイッチ操作を行う部分は薄い素材が使われています。

経年劣化で破れてくるとしたら、ここでしょうね。

OSS handlecover 03

中国製ですが、縫製はしっかりしています。

MT-09に取り付け。
ハンドルカバーのみで30分ほど走行してみたところ、これだけでも十分暖かい。

OSSのハンカバ

OSSめです。

OSS ( 大阪繊維資材 ) ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー ブラック 保温性抜群 WNHC-03

 OSS 防寒防水ハンドルカバー