[10/10] 初海釣り

この日は、人生初の海釣りに行きました。

初めてなので何を釣るかといったターゲットも定められず、安いロッドとリールに適当なワームやジグヘッドを購入して挑みました。目的地は醤油で有名な和歌山県湯浅町。前日に酒を飲みながらGoogleMapを見て目的地を決めたという行き当たりばったりな釣行です。

yuasa1.JPG yuasa2.JPG

まずは湯浅の釣具店を探して、餌釣りをする友人が使うアオイソメを購入。
途中、稲むらの火の館という施設でトイレをお借りしました。

yuasa3.JPG yuasa4.JPG

湯浅町のロケーションはなかなか良く、和歌山県中紀の海水浴場「広川ビーチ」が近くにあります。勾配も少ないので、輪行して自転車で散策するのも楽しそう。右の写真は、海沿いの道で発見した謎の標識。「頭脳立地」で若者に希望を!とあります。アリナミンVのロゴとバックスバニーをパロディしたような奇妙なデザインが若干不気味。

yuasa5.JPG yuasa6.JPG

GoogleMapで見てよさげだった波止に到着。

真っ昼間なので釣り人は地元の方が一人だけ。
波止の先端までは200m程歩き、高さは海面から3m程、幅は4m程。この日は晴れていましたが波止に出ると風が強く、またテトラも初めてだったので怖くて外向きテトラ側へは出ず、港内向いて釣りました。

しかし、ぜーんぜん釣れず。友人はポツポツと小魚がかかっているのに、こちらには来ない。たまに釣り人が来ても、風の強さと魚影の薄さですぐに帰っていきます。「ここって釣れるの?」ということでポイントを移動してみましたが全くアタリも来ず。

yuasa8.JPG yuasa9.JPG

結局、日没まで粘りました。
夕方になって、広川という川の河口付近で安物バイブをタダ巻きしていたら、50cmくらいの魚が追ってきましたが食わずに帰って行きました。というわけで、初の海釣りは屈辱のボウズ。

今から考えると敗因は色々あります。
ライトタックルなのにラインが太くてルアーが重いという、バランス最悪な組み合わせだったこと。ジグヘッドやワームもちょっと大きかったね。あと、海釣りは初ということで、ポイントが良くわからず闇雲にキャストしていたのも良くなかった。

yuasa10.JPG

湯浅リベンジはいずれ決行予定。


大きな地図で見る