梅雨なので近場でバス

minibass.JPG

梅雨時期は大気の状態が不安定なので、天気予報があてにならない。前日まで予報がころころ変わるのは勿論のこと、にわか雨には殆ど対応できていないから、曇りの予報で出かけると出先で雨に見舞われることもしばしば。

そんなわけで、梅雨入りしてからは海は行かず近場で済ませようと野池巡り。メバルタックルそのまま流用の淡水ルアー釣りなので、ターゲットは必然的にバス、ナマズ、ニゴイ等。要するに釣れればなんでもいいやというスタンスです。釣り場の条件としては、普段の生活圏から外れる程度に家からそこそこ距離があり、そこそこの大きさの池で、民家が近くになく水質も悪くない山間の野池としています。

よさげな池を見つけたらとりあえず水面に浮いている見えバスを探して、居ればそこで釣り続行、いなければ2,3投して反応を調べて移動という方法でポイントを開拓。野池は海と違って、雰囲気のある場所でも鯉しかいない場合が多々あるので、ポイントを見つけるまでがなかなか骨です。

そんなこんなで、なんとか1つの池で小一時間ほど釣り。結果、セイゴサイズの子バスが3匹でした。デカバスの魚影は無かったですが、一応バスが釣れる池を発見したことでそれなりに収穫はあったかな?