[12/13] デカカサゴでた〜!!

4202876484_82e4448c16.jpg  

  • 15:00~20:00
  • 大潮
  • カサゴx4

昨日の釣果に納得いかなかったので、はじめての連日釣行を決行。
というわけで、ここ2日の移動時間は約8時間に。好きじゃないとやれません。潮見表によると、今日は昨日よりも干満の差がさらに激しいとのこと。干潮を迎える夜の8時までが勝負です。

この日は風速7mとなかなか風が強めで、テトラ探りは困難。
内向き波止には釣り人がチラホラ居て、アナハゼやチビアイナメ等が釣れているようです。その中の一人の釣り人が30cm位のマダイをキープしていて、こんな内向き波止でこのサイズのマダイが釣れるのか!とちょっと感動。改めて見ると、ピンク色でかなり華のある魚。マダイか〜、オカッパリからのルアーで釣れたら、最高だろうなぁ。

ところが、こっちはさっぱりで、日中は一切何も釣れず、夕方5時に日没を迎えて「ボウズかも・・・」という不安が襲ってきた。

今までは1g~1.5gのコブラかメバル弾丸に、OFTスクリューテールで攻めて実績を上げていたポイントを、2gのメバル弾丸にベビーサーディンのグローでやってみた。

ボウズへのプレッシャーから、軽めのジグヘッドでフワフワ漂わせる余裕がなくなったので、さっさとボトムを取って広範囲のヘチを探っていく釣法に変更したというわけだが、これが功を奏してカサゴ連発。ボトムに落としてからスローでタダ巻き。変にシャクったりはしないのでアタリも取りやすい。

以前デカメバルが出た場所の近くで、ヘチに落としてヘチに沿ってスローで巻いていると、ココン!と小さめのアタリ。ちゃんと食わせるために、ワンテンポずらじてアワセると、バゴーーン!!と強烈な引き。これはデカイ!!今までのとは別物の引き。デカメバルが頭をよぎる。興奮しつつも慎重にぶち抜いてライトで照らすと、尺はありそうなデカカサゴ。

こんなデカイのがこんな場所にいたのか〜〜〜!!

と、そのやり取りを見ていたメバリンガーがそそくさとやってきて、無言でその場所で釣り始めた。何だこいつ・・・、流石にゲスすぎて別の意味で引く。が、さっき激しい取り込みがあったので釣れるわけもなく、すぐにどこかに行った。

その後にしばらく他の場所を探ってから、また同じポイントのボトムをスローで巻くと、またココン!グッ、きた〜〜〜。今度もサイズが大きめで25cmくらいのカサゴ。このサイズになると、引きはかなり強くて、かなり脳汁噴出。この快感で人は釣りキチになるんだなぁ。

というわけで、今日は完全にカサゴ祭りでした。
やっぱりこの漁港、メバルが出る日と、カサゴが出る日が決まっているみたいだ。

(左)今日の大物、(左)前日釣れたカサゴ

4202876568_69fdc35148_m.jpg  

一見すると同じに見えますが、口に入れた指の大きさと口の大きさとで比較すると全然違います。

4202876658_ee1c03d024_m.jpg

画質が悪いのは携帯だからです。
大物が釣れた日に限ってデジカメを持っていないという・・・。

4202876376_00e6fe5abf.jpg

港内で良く釣れるのが上のサイズ。
真ん中の25cmでも大きいねっていうサイズなので、一番下の怪獣みたいなカサゴが釣れたのには驚きでした。絶対30cmは超えていると思っていたのに、帰宅後メジャーで計測したら、29cm。

惜しい。