完全に亀裂が生じたライディングブーツを修理する

Bikeboots fixrepair 02

またライディングブーツが割れました。
前回、修復した部分からさらに拡大してパックリ。

再び修理してみて、それでも割れてきたらもう買い替えですね。

とりあえず、間に合わせの修理として前回同様シューズドクター、それに加えて合皮シートで前回以上の修復を試みます。

亀裂が入ったのは左足の内側。
シフトペダルの操作で割れちゃうのか?

ライディングブーツは、この部分の亀裂報告例が多いです。

革素材であれば亀裂は生じないのですが、この部分は樹脂パーツなので経年劣化でどうしても亀裂が生じるみたい。

この部分まで革素材のライディングブーツがあれば、そっちのほうが長く愛用できるでしょうね。

Bikeboots fixrepair 01

ブーツの亀裂周辺をウェットティッシュでキレイにしてから修理開始。

シューズドクターを塗っていきます。
亀裂に入り込むようにして。

Bikeboots fixrepair 03

シューズドクターを盛ったら、合皮シートを貼り付けます。

ソファーやバイクのシートなどを補修するシートで、シール状になっています。
数百円で購入できます。

Bikeboots fixrepair 04

丁度良いサイズにカットして貼り付け。

Bikeboots fixrepair 05

1枚だと薄すぎるので2枚貼り付けました。
細かい部分の貼り付けは爪楊枝などで。

Bikeboots fixrepair 06

シューズドクターが硬化するまで24時間くらいかかります。

作業の模様は動画にアップしているので御覧ください。

 セメダイン 靴用補修剤 シューズドクターN

 合皮補修シート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です