バイクのセルがカチカチいうだけで回らない、とりあえずの解消テクニック

Bike cell kakaranai

250SBで、たまにエンジンがかからない症状が発生するようになりました。

FCRに替えていてセッティングが万全ではない(まだまだ濃いめのまま放置している)こと、走行5万キロを超えていること、プラグも随分交換していないことなどを考えると、こういう症状が出ても今更驚きはありません。

症状としては、セルのボタンを押してもカチカチいうだけでセルモーターが回らず、エンジンがかからない状態になるというものです。

ガソリンスタンドで停車して給油後、エンジンをかけようとすると発生することもありました。

考えられる症状は?

  • サイドスタンドスイッチの接触不良?
  • セルモーターがおかしい?
  • セルブラシが摩耗している?
  • バッテリーが弱っている?

などです。

ただ、この症状はある方法で解消することができました。
それは押しがけ

押しがけといってもちゃんとやるわけではなく、少しだけバイクを動かしてからクラッチをつなぐという方法です。エンジンがかかるほど押さずにクラッチを繋ぐだけで、セルが回るようになります。

FIのバイクでも同じことができるのかはわかりませんが、KLX / Dトラ / 250SLなど同じエンジンの車両で同じ症状が出た時、とりあえずこれを試してみるとエンジンがかかる(かもしれません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です