軽量パワフルになった「Ninja 250」と250と車体共通になった「Ninja 400」2018年モデル

Ninja400 2018 02

Kawasakiの2018年モデルとして「NInja 250」「Ninja 400」が、東京モーターショーで発表されました。

フレーム、エンジン、スタリングの全てが刷新されたニューモデルとなります。

フレームは大幅に軽量化され、軽快な取り回しとハンドリングが実現。エンジンはパラレルツインをさらにパワフルかつ扱いやすく改良。250と400でエンジン以外の車体はほぼ共通となり、400に関しても軽量でパワフルなモデルとして生まれ変わっています。

どことなくR25っぽいスタイリング、LEDヘッドライト、液晶パネル付きメーターを装備。

Ninja250 Promo 03Ninja250 Promo 07Ninja250 Promo 08Ninja400 2018 01

これまでのNinja 400は、ER6fのボアダウン版となるER4fでした。
2018年モデルのNInja 400は、250と共通の車体になり軽量化されたことで、250の兄貴分という位置付けに変わります。バーハンからセパハンへ。

違いは、250がバイアス指定、400がラジアル指定。
リアタイヤは250が140、400が150。

R25とR3の関係性に似ていますね。

Ninja400 2018 04Ninja250 2018 06 Ninja250 2018 12

250と400の車体比較。
ほぼ同じです。
サイレンサーの長さが400の方が若干長いだけ。

足回りは250由来なので、その辺どうなるか?ですね。
マージンをもたせて、ちょっと硬めにセッティングしてきそう。

Ninja250 2018 09

メーター、トップブリッジ周り。

Ninja250 2018 10

Ninja250 2018 01

相変わらずの昆虫顔にLEDヘッドライト。
ちょっと丸みのあるデザイン。

Ninja400 2018 03 Ninja250 2018 03Ninja250 2018 04Ninja250 2018 07Ninja250 2018 08Ninja250 2018 11

メタリックブルーも250です。
ホイールのスポークもかなり細くなっていますね。 

Source: Kawasaki 東京モーターショー2017 モデル紹介