大阪モーターサイクルショー2019に行ってきた、Scrambler 1200XC/XEがめっちゃ良かった

MCS2019 KATANA 01

大阪モーターサイクルショー2019。
今年は行くか行くまいかどうしようか迷った人もいるんじゃないでしょうか?

これ!といったモデルもなく、ワールドプレミアも当然無し。
半年以上前にドイツで発表された新型KATANAが目玉かな?っていうくらい。

YAMAHAが開発中の250ccの三輪スクーター、MT-07ベースの700 Tenere、Hondaの250cc版X-ADVなど噂のモデルは一切ありませんでした。入り口から入ってすぐの一等地にはBMWブースがあり、HondaとYAMAHAはかなり奥地にブースがあったり、外国人モデルが展示バイクに乗るパフォーマンスも無く、今年は色々とショボめな印象。

続きを読む →

Ninja 250/400(2018年モデル)の国内仕様が発表、スペックや価格など

Ninja400 250 2018model 1

2018年モデルのNinja 250とNinja 400が、国内でも正式発表されました。

価格は、250が629,640円 / 640,440円 / 640,440円
400が699,840円 / 710,640円 / 716,040円
正式発売日は2月1日ですが、早い店だと1月中にも納車可能となっています。

価格については、250はVersys-Xと同じ。
250と400は約7万円の差額。 

250と400とで悩む人は多いでしょうね。
・・・多いかな?

続きを読む →

軽量パワフルになった「Ninja 250」と250と車体共通になった「Ninja 400」2018年モデル

Ninja400 2018 02

Kawasakiの2018年モデルとして「NInja 250」「Ninja 400」が、東京モーターショーで発表されました。

フレーム、エンジン、スタリングの全てが刷新されたニューモデルとなります。

フレームは大幅に軽量化され、軽快な取り回しとハンドリングが実現。エンジンはパラレルツインをさらにパワフルかつ扱いやすく改良。250と400でエンジン以外の車体はほぼ共通となり、400に関しても軽量でパワフルなモデルとして生まれ変わっています。

続きを読む →