キャンツー用にメスティンとクッカー一式を厳選したらちょうど良かった話

Camp cooker 01

昨年の12月ぶりにキャンプツーリングに行ってきた。

といってもキャンプが主体のツーリングじゃなくて、あくまで山間部に安く宿泊するためにキャンプ場または山小屋みたいなロッジを利用したんだけど、今回、久しぶりすぎて、荷物をまたまた余計に持っていてしまったのだ。

まず、椅子。
こいつはホントにいらねえ。

全く使わず、展開すらしなかった。

ノートPCでの作業ならテントの中でもできるし、何ならマクドやファミレスに充電するついでに寄ればいいだけだった。クーラーも効いているし。

テーブルに至っては最初から持っていかなかった。全く必要ないからだ。

あと釣具。
これもいらねえ!

魚が一匹も釣れずにボウズだったからだ。ワイルドに釣った魚を捌いて食ってやろうと思っていたのに完全にあてがはずれた。

ただ、1つ正解だったものがある。
それはクッカー一式だ。 

続きを読む →

ダイソーのキャンプ用品に普通メスティンとポケットストーブが出てた

Daiso messtin 01

世間は空前のキャンプーブームらしく、それを体現するのが100円ショップのキャンプグッズである。

2〜3年前には焼き網や炭が売っているくらいだったキャンプグッズコーナーも、今やメスティンやらハンモックやら焚き火シートやら焚き火用の息を吹くやつやらコンパクトに持ち運べる机やらなんでも揃っている。

先日、ダイソーをチェックしにいったらメスティンが普通に売っていた。

しかも、あのちょっと小さいダイソーメスティンじゃなくて、ちゃんとしたサイズのメスティンだ。さらに、ラージメスティンなのか3合炊きのタイプまであった。

続きを読む →

アニメ「スーパーカブ」の小熊が食べているアレは相当マズかった!?

Supercub kogumadon 01

「スーパーカブ」というアニメが先日まで放送されていて、ばくおん以来のバイクアニメということで、一部でそこそこ話題となっていた。

元々は小説だったものが漫画化され、それをばくおんがネタにして有名に、その後Honda協賛によってアニメ化されたという流れ。Honda協賛のバイクアニメといえば・・・ばくおんを意識したタイトルの「わんおふ」という、だーーーれも知らないアニメもあったが、あれよりは遥かに話題性があった。

女子高生が原付きに乗るというコンセプトは全く同じだが、こちらはスーパーカブに乗る。そして、登場人物の行動や趣向が明らかに“おっさん”なのである。「こんな女子高生いるかよ!」「親は?保護者は?」「教室になんで電子レンジあんだよ」という色々とツッコミ待ちのアニメだった。

続きを読む →

ダイソーの500円メスティンで自動炊飯してみたら、めっちゃ良かった

Jidousuihan daisomestin

気温が暖かくなってきたので自動炊飯リベンジ。

真冬にやった時は気温が1桁ということもあってか、固形燃料3個使ってやっと米が炊けるレベルの酷さだったが、気温が2桁になれば固形燃料1個で十分米が炊ける。

固形燃料はダイソーで3個110円(税込)。
コスパはガスより高いけど、めちゃくちゃ軽量なのとおままごとっぽい趣があるのが魅力だ。

メスティンは今回、ダイソーの500円メスティンを使ってみた。

続きを読む →

米炊き初心者がメスティンで米を炊く、固形燃料とガスバーナーの違い

Tinmanretsuden 01

メスティンってなんだ?

アルミの飯盒(はんごう)。オリジナルはトランギアという海外メーカーのメスティンだが、有象無象のメーカーからも大量に出ている。面白いのが、パクり商品のメスティンの方がトランギアのメスティンよりも品質が良かったりすること。トランギアのはブームで品薄になって2倍近い価格になっているので、今回はMiliCampというメーカーのメスティンを購入した。

MiliCamp キャンプ用 メスティン アウトドア炊飯 飯盒 バリ取り不要 登山 山飯 MR-250 ソロキャンプ 野外用食器

 MiliCampメスティン

バリ取りの必要が無く、密閉性もちゃんとしていて品質は良かった。

使う前にシーズニング

米がアルミ臭くなるのを防ぐシーズニング。
ぜひやっておきたい。

  1. 米の研ぎ汁を鍋に入れる
  2. そこにメスティンを浸して火をつける
  3. 15分ほど煮込む

Tinmanretsuden 12

シーズニングを済ませたら米を炊いていこう。

続きを読む →