南海フェリーの運賃半額を利用して、四国バイク旅に行こうか考える

Nankaiferry hangakucampaign

年末年始に一時休止されているGoToキャンペーンは、期間が延長されて2021年3月末まで実施されることになっている。ゴールデンウィークまで延長されるんじゃない?と予想する人もいるし、上手くいけば、あと1回か2回は格安でバイク旅が出来そうだ。

1月〜3月という時期を考えると、北陸や山陰は雪で無理だろうから、四国か九州で。

旅費や日程を考えると、九州はちょっと遠すぎるし広すぎるので、四国が良さげ。

そういえば、南海フェリーってGoTo使えたっけ?と思って調べてみると、ちょうどいいタイミングでお得なキャンペーンがやっていた。

それが南海フェリー半額キャンペーン!だ。

こちらは10月から実施されているキャンペーンで、本来なら12月31日で終了する予定・・・だったのが期間が延長されて、2021年3月7日までになっている。

しかも、2021年1月1日からはバイクも割引対象に入るのだ。

これは丁度いいかも。

12月に行った四国バイク旅では、MT-09で明石海峡大橋と鳴門海峡大橋を渡って四国入りしたけど、とにかく阪神エリアがだるかった(帰りには明石海峡大橋の真上で事故渋滞してたし、高速入り口のセンサー不良でETCカードが認識せずに、荷物をおろしてシート下のETCカードを出すはめになったりと散々だった)ので、次回行くならフェリーだなと心に強く決めていたので丁度いい。

南海フェリー半額キャンペーンとは?

  • キャンペーン期間:2021年3月7日まで
  • 割引対象:車かバイクで南海フェリーを利用和歌山か徳島の宿泊施設に泊まる
  • 申請に必要なもの:フェリー乗車券と宿泊証明書

乗車券と宿泊証明書、そして申請書を南海フェリーの窓口に提出することで、フェリーの運賃が半額になるというキャンペーン。宿泊証明書は、南海フェリーの窓口にあるフェリー半額キャンペーン申請書に記入欄があるので、そこに記入してもらうといいみたい。

バイクだといくらかかる?

繁忙期を除く期間だと、大人運賃2,200円にバイクの運賃(125ccまで1,300円 / 750ccまで1,900円 / 750cc以上2,500円)がかかるけど、今回のキャンペーンが適用されるとこの合計金額が半額に割引されるのだ!

(お得すぎるだろ・・・)

例えば、125ccのバイクだと片道3,500円、250ccや400ccのバイクだと片道4,100円、ミドル以上の大型バイクだと片道4,700円となるところ、往復の運賃がこの金額になる!

これなら陸路で行くよりも結果的に安くあがる。

高速代とガソリン代、すり減るタイヤ代、劣化するオイル代、休憩時の飲食代、無駄に延びる走行距離、事故リスクを考えると、フェリーで四国に渡るのが大正解。

申請には少しの手間がかかるけど、南海フェリーを利用するならこれを使わない手はないね。