見に行く?ハンターカブなCT125が東京モーターショー2019で世界初公開

CT125

「第46回東京モーターショー2019」(プレスデー:10月23日~24日、一般公開日:10月25日~11月4日)にて、世界初公開のワールドプレミアとしてスーパーカブ125ベースの「CT125」、ジャイロの電動モデル「GYRO e」、「BENKY e」などが出展。

ジャパンプレミアとしては、PCX125ベースのX-ADVっぽいスクーター「ADV150」も出展されます。

「CT125」は、スチール製フロントフェンダーやアップマフラー、幅広大型キャリア、ハイマウント吸気ダクト&サイドエアクリーナー、前後ディスクブレーキなどが装備されていて、デザイン元となった「CT110」とは似て非なる走行性能。かなり乗りやすくなっていそうです。

アップマフラーやハイマウント吸気ダクトからのサイドエアクリなど、オフロードっぽい仕様になっていて、ジャンルとしてはビジバイではなくトレッキングバイク。

といいつつも、郵政カブ並の大型キャリアを標準装備。吊るしの状態で十分なカブって感じで、普段使いからキャンプツーリングまで幅広く使えそう。

もはや東京モーターサイクルショーではなく東京モーターショーでワールドプレミアを出すようになった二輪メーカー。(完全になめてるやろ)車を出しているHondaはともかく、KawasakiまでZX-25Rを出すとかいう噂がありますけど、そっちはどうなんでしょう?

東京ビッグサイトまでの経路を調べてみたら片道500Km超で、高速を使っても6時間以上はかかる。もちろん無休憩でだ。やっぱりむちゃくちゃ遠いな首都東京は。時間もかかるけど当然お金もかかる、高速代は片道で7000円くらい。新幹線なら片道で15,000円くらいかかるけど、ガソリン代とか摩耗するタイヤ代、オイル代を考えると新幹線のほうが安くつくかも。まあどっちみち、それだけのお金を払う価値は今の所このイベントには無いけどね。

プレスデーが2日も先行しているので、情報は企業メディアから出るほうが早いだろうし。

Source: Honda