劣化したウインカーを中華LEDに交換して腐ったエアクリも交換、目指せ10万キロへの道

250SBのフロントウインカーの根本にあるゴムパーツが、紫外線で劣化してひび割れてきていた。

DRCというオフ車系では有名メーカーの製品だが、ここのフロントウインカーは、根本にあるゴムパーツが経年劣化ですぐにひび割れてくる仕様らしい。

んで、この根本のゴムパーツが割れてしまうと、ウインカーを保持できなくなり、だら〜〜んとタレ気味のウインカーになり、前から見るとアホみたいな状態になる。

250SB Maintenance 07

そこで根本をタイラップで縛り応急処置をした状態で、1年くらい放置してきたのだが、それもそろそろ限界っぽいので、昨年末に某中華ネット通販サイトのセール時に注文しておいた中華激安令和最新版激安中華LEDウインカーに交換することにした。

まずは動作チェック。
すでにLED化を済ませてあるので、ウインカーのキボシを繋いでチェックするだけなので楽だ。無事に点灯。ウインカーリレーはDRCのままで使えるみたいで良かった。

ただ、問題はウインカーステー。

DRCのウインカーステーは8mm(M8)の穴が開いているのだが、中華LEDウインカーは10mm(M10)なのでポン付けとはいかない。

250SBに対応していて10mmのウインカーステーを探してみたが、そういう製品は存在しなかったので、リューターで今あるステーの穴を拡張して取り付けることにした。

TACKLIFE ミニルーター 15000RPM 高速回転 保護機能 3.7V充電式 彫刻/研磨/穴あけ/汚れ落とし USBケーブル付き コンパクト 軽量 軽作業に向け PCG01B

 TACKLIFE ミニルーター

ステーもサビが出ていたので買い替えたかったが、そのまま使うことになった。

250SB Maintenance 06

工具箱にあったM10のワッシャーをかませて取り付け。

ステーはきちゃないけど、ウインカーの出来は悪くない。

250SB Maintenance 04

質感もDRCのやつよりマシ。

整備ついでに、数年ぶりにエアクリーナーボックスを開けてみた。

250SB Maintenance 05

パカーーン・・・

きたねーーーーっ!!

なんか焦げてるし。

2020年は旅バイクとして大活躍したから、そりゃ汚れるわな。

ねぎらいも込めて、エアクリーナーをぬるま湯と洗剤で洗ってあげると・・・

250SB Maintenance 03

崩壊!!

腐ってやがる・・・

速攻で新品のエアクリを注文したら、翌日届いた。

物流すげえ。

250SB Maintenance 02

これまではノートイルというメーカーのスポンジを使っていたが、Amazonでは取り扱いが無かったのとWebikeではちょっと高かった(3,000円ちょいした)ので、ケチってHiFloFiltroというメーカーのスポンジにしてみた。

HiFloFiltro■ KLX250 Dトラッカー/X KDX250 250SB 純正交換エアフィルター (ハイフローフィルトロ) D-TRACKER HFF-2023 HFF2023

 HiFloFiltroエアフィルター

1,000円〜1,500円くらいの怪しいスポンジもあるけど、あれは流石に品質がヤバめでしょ。

エアクリくらいは、ちゃんとしたメーカー品のやつを買いたい。

(HiFloFiltroがちゃんとしたメーカーかどうかは知らんが)

250SB Maintenance 01

こいつは湿式フィルターなので、フィルターオイルをスプレーして、もみもみして取り付ける。

作業はビニール手袋をしながら。フィルターは唐揚げのように袋に入れてもみもみ〜すれば手も汚れない。

燃調が濃い目なので、フィルターオイルはちょっと少なめにしておいたけど効果あるかな?

さらに、フロントフォークの清掃、リアサスの清掃、チェーンルブ、ホイールをフクピカなどのメンテも実施。

めざせ10万キロ。