[バイク用品] ヘルメットをSHOEIの「HORNET-DS」に新調

SHOEI HornetDS 06

OGKのフルフェイスから、SHOEIのバイザー付きのオフヘル「HORNET-DS」に買い換えました。ヘルメットの耐用年数は3年ということで、丁度買い換えの時期でもあったことから、バイザー付きのオフヘルを狙っていたんです。

SHOEI HornetDS 03

SHOEI HornetDS 02

候補に挙がったのは、Araiの「TOUR-CROSS 3」とSHOEIの「HORNET-DS」。

非常に似ている両製品ですが、TOUR-CROSSの方がちょっと可愛らしい系のフォルムで、HORNET-DSの方がちょっとだけ厳ついフォルムをしています。厳つい方が好みだったのと、標準でピンロックシールドが付属するということで、今回はHORNET-DSを選択しました。

SHOEI HornetDS 04

OGKのエントリーモデルのフルフェイスからの買い換えなので、SHOEIの作りの良さにまず感動。そして軽い。シールドには大きなポッチが付いているので開閉しやすく、シールドの締まりも良いです。

SHOEI HornetDS 05

チークパッドも肉厚でフィッティングも良し。
元々のフィッティングがイマイチな上、チークパッドがヘタレた状態のフルフェイスは、どうも頭頂部のみで支えている感じがありましたが、こちらは頬で支えている感じなので頭頂部へのダメージはかなりマシかも?

また、オフヘルだけあって口元のベンチレーションもかなり確保されており、この季節は有り難いです。

SHOEI HornetDS 01

あごひもは面倒臭いタイプ。
早く慣れよう。

SHOEI HornetDS 07

早速、ヘッドホンを内蔵させてBluetoothで飛ばした音楽を再生できるようにしました。シールドを閉めると風切り音がほとんど気にならなくなるので、以前よりも音楽が良く聞こえます。

あと、思わぬメリットとしては、前を走っている車が道を譲ってくれる率がアップしました。