Skyrichのバッテリーでセルが回らなくなったので充電してみた

Skyrichbattery jyuden 02

250SBで2年間使用しているSkyrichのLiFeバッテリー。
今年の秋頃から、セルボタンを押しても「カチッ」というだけで回らない症状が発生。ヘッドライトなどは普通に点灯するのでバッテリー自体は生きている。

そういう時は、バイクを少し移動(5km/hくらい)させつつクラッチを繋いで(押しがけのショボい版)セルモーターを少しだけ回してやる、そしたらセルボタンでセルが回ってエンジンが掛かるようになる。

セルモーターが故障しかけてるのかと思いこんでいたけど、もしかして、バッテリーにセルモーターを回す電圧がないだけ?

本格的に寒くなってきたし、久しぶりにしっかり充電することにしました。

リチウムバッテリー用の充電器がないので普通のバッテリー充電器を使用。ちょっと怖いけど・・・充電完了ランプまで充電。

電圧をチェック。
14.4V。

ちょっと高め。
充電し終わったばっかりだから?

Skyrichbattery jyuden 01

2018年の夏はかなり暑く、かなりの高温状態にさらされたバッテリー。
少し心配していましたがバッテリーの膨らみも見られず、まだ使えそうな感じ。

で、充電したバッテリーを戻してセル始動。

・・・カチッ!

かからず・・・

問題は250SBの方にあるっぽい?

12V リチウムバッテリー専用充電器 LEDランプ付き バイク、電動リール、魚探用リチウムバッテリー対応 PSE新基準対応
 12V リチウムバッテリー専用充電器

と思ったら、儀式が不完全だったみたい。
しっかり儀式をするとセルが回るようになりました!

LiFeバッテリーの儀式って?

よく言われているLiFeバッテリーの儀式とは?
コールドブートをする時は、まずバッテリーを活性化させてからセルを回すことです。

鉛バッテリーのように、キーを回していきなりセルを回すのはNG!

だから、急いでいる時などには向きません。
通勤や通学に使うバイクなら、冬の間だけ鉛バッテリーに戻すほうがいいでしょうね。

では、厳冬期のLiFeバッテリーの活性化はどうやるのか?

  1. キーをオンにしてヘッドライトを点灯させる。
  2. ヘッドライトがLEDの場合は、ウインカー、またはハザードも同時点灯させる。
  3. 点灯時間は3分〜5分以上。
  4. 点灯終了後もできれば数分以上置いて、電圧がしっかり上がってからセルを回す。

点灯させるだけだと電圧がしっかり上がっていないので、しばらく時間を置くのが良いみたい。