H4にポン付けできるLEDヘッドライトバルブを装着、案外悪くないかも?🔆

H4 LED bulb 03

Amazonで何だか一番人気のLEDヘッドライトバルブを、購入して装着してみました。
H4にポン付けできるタイプでHIDと比べると装着は簡単です。

っていうかハロゲンバルブと全く同じですね。

構造は、SMDが2枚付いていて、放熱フィンカバー代わりになっています。明るさは2000ルーメンだそうです。(あくまでスペック値だけど)先端部分には冷却用のファンが付いていますが、ヘッドライトユニットに入れる時点で気休め程度でしょう。恐らく製品寿命は短いと予想。設置スペースの大きなバイクなら、排気ファンが後方に付いているタイプを選ぶ方が良いと思います。

H4 LED bulb 02

点灯テスト。
HIDの様に空焼きは必要ありませんが、レビューで「冷却ファンのグリスが飛散する」とあったので一応念のため。

H4 LED bulb 04

250SB(キャブトラ)のヘッドライトユニットには普通に納まりました。ハロゲンバルブやHIDより長いので、GROMには納まらない等、車種によっては装着できない例があるようです。

H4 LED bulb 05

点灯。
LEDなので、相手側からの視認性はそこそこいいです。
グレアは中華HIDと比べると全然良好で、光軸調節すれば無加工でもOKっぽい感じ。

実際に走ってみて、明るさなど率直な感想

  • ハロゲンよりチョイ明るいけど、HIDよりは全然光量が低い。
  • 1灯式だと、夜間の山間部や峠を走行するのにはちょっと心許ない。ハイビーム固定でやっとこさって感じ。
  • 電装系への異常は見られない。
  • 寧ろ、中華HIDの時にあった、加速時に「咳き込む(息継ぎ)のような症状」が無くなり、調子が良くなった。古いバイクにこそLEDなのかもしれない。
  • LEDは熱で突然故障するので、夏場はかなり心配かも。

実売2,000円前後と安いので、ハロゲン代わりに入れるのはイイと思いますよ。
あと、キャブのバイクにHID入れて調子悪いっていう人にも。

 H4 LEDバルブを楽天市場で探す