東京モーターショーでHonda CT125ハンターカブとADV150、新型FIT

TMS HondaBooth HunterCUB NewFIT 02

東京モーターショーのホンダブースの一角にひっそりと佇んでいた「新型ハンターカブ」こと「CT125」。

ルックスはまんまハンターカブ。
125ccエンジン、前後ディスクブレーキ、アップマフラー、エンジンガード、巨大リアキャリアなどが特徴のスーパーカブ125派生モデルです。

TMS HondaBooth HunterCUB NewFIT 03

このリアキャリアのデカさ。
プレスカブ相当のリアキャリアが最初から付いてます。

これだけで、コンセプトが実用的な旅バイクというのが分かる。

続きを読む →

見に行く?ハンターカブなCT125が東京モーターショー2019で世界初公開

CT125

「第46回東京モーターショー2019」(プレスデー:10月23日~24日、一般公開日:10月25日~11月4日)にて、世界初公開のワールドプレミアとしてスーパーカブ125ベースの「CT125」、ジャイロの電動モデル「GYRO e」、「BENKY e」などが出展。

ジャパンプレミアとしては、PCX125ベースのX-ADVっぽいスクーター「ADV150」も出展されます。

「CT125」は、スチール製フロントフェンダーやアップマフラー、幅広大型キャリア、ハイマウント吸気ダクト&サイドエアクリーナー、前後ディスクブレーキなどが装備されていて、デザイン元となった「CT110」とは似て非なる走行性能。かなり乗りやすくなっていそうです。

続きを読む →

ハンターカブっぽくなった「クロスカブ110」2018年モデル

CROSSCUB110 2018 02

Hondaが東京モーターショー2017で、市販予定モデルとしてワールドプレミア出展した「クロスカブ110」。

レッグシールドがカットされたタイプになり、ハンターカブ度がアップ。
マフラーのエキパイをよく見ると例の触媒がついているので、2018年モデルということで良さそうですね。 

続きを読む →