リアルなザリガニワーム、バークレイ「カスミクロー」

kasumicraw1.JPG

これまで「バグアンツ」だけでバスを釣ってきましたが、若干飽きが来てしまい少し変化が欲しいなということで新しいワームを仕入れてきました。

ホッグ系ワームはバス用のド定番「ゲーリーヤマモト シュリンプ」を、クロー系ワームは形が気に入った「バークレー カスミクロー」をチョイス。

カスミクローはその名の通り、霞ヶ浦水系でのバスフィッシング用に作られたザリガニワームで、5gのテキサスリグで使うのが良いとのこと。リアルな形状に干しエビのような匂いが付いていて、デカバスが釣れる雰囲気プンプンのワームです。

kasumicraw2.JPG

上から「バグアンツ 2インチ」、「ゲーリーシュリンプ 3インチ」、「バークレイ カスミクロー 3インチ」、見切れているのが「ロッククロー」。

こう並べてみても形状・シルエット共にリアルなカスミクローが圧倒的に釣れそうでありますが、実際はどうでしょうか。

実釣してみた印象

かなり肉厚なワームなので、5gのテキサスリグでも結構飛びますし着低音も自然。針の保ちは良くもなく悪くもなくといった所。反面、浮力はかなり大きめで、着底するまでに時間がかかります。この浮力は、藻の隙間に落とす場合やスローでアクションしたい場合には威力を発揮しそうですが、広範囲を探りたい時には時間がかかるので、シンカーの重さをもうちょい上げるか、タダ巻きで対応するなりちょっとした工夫が必要。

かなりリアルなシルエットなので、タダ巻きでも結構いけそうです。実際に、夕マズメに中層あたりをスローでタダ巻きしたら、上層を意識しているバスがヒットしました。

[ バスメイトインフィニティ ]