2018年モデルNinja 400/250の加速やトップスピード、排気音やポイントなど

2018年モデルのNinja 400と250について、実車試乗レビューやトップスピード、エキゾーストサウンドなどが明らかになってきました。

まずは、Ninja 400の加速動画、トップスピード動画からご紹介します。

Ninja400topspeed 250 sound 01

1速で70。
ブーンで70。

250より1.5倍のトルクがあるので、加速は別物。
車体は同じなので、今回は250ではなく400の方に注目が集まりそうです。

Ninja400topspeed 250 sound 02

2速で100。

ちなみにこの参考動画では、最初スタート時にフロントアップしてしまっているのですが、それでもタイムを測った所、100キロまで5.68秒でした。(クラッチミートした瞬間から測定)

平地のようですし、小細工のない動画なので実測値だとみて良さそうです。R3より圧倒的ということもなく、同じくらいかちょっと速いくらいですね。

Ninja400topspeed 250 sound 03

3速で130
ここまでの加速はかなりスムーズで、実用域。

Ninja400topspeed 250 sound 04

4速で156。
この辺りから加速は鈍くなります。 

Ninja400topspeed 250 sound 05

5速で引っ張って180。

Ninja400topspeed 250 sound 06

さらに、6速で引っ張りまくって193をマーク。

ちなみに、Ninja 250の方は6速全開14000rpmで160だそうです。

Ninja400topspeed 250 sound 08

Ninja 250の車体。
シガソケがありますね。 

Ninja400topspeed 250 sound 07

アイドリング音はかなり静かでカブみたい。
これなら暖気してても文句は言われないでしょう。

でも。回すとギャンギャン!って感じ。 

Ninja400topspeed 250 sound 09

Ninja 250 / 400のポイント

  • ライポジは旧モデルよりやや前傾になった。
  • 250は旧モデルより7kg軽量化された。
  • 250と400は車体が同じ。
  • 400の方が1kg重いだけ。
  • 250は39ps、400は45ps。
  • 400のカナダ仕様は49ps出ているので、日本仕様でもイジればそんくらいいきそう。
  • タイヤはラジアル指定。(バイアスにするとさらに良くなる)
  • 最高速は250が160前後、400が190前後。
  • 400は0-100が5.68秒(参考動画では)。
  • ヘッドライトはLEDで両目点灯
  • ヘルメットホルダー付き
  • 荷掛けフック付き

Source: WEB Mr.BIKE