日本でもADV150が発売、ABS付き45万円、PCXとどう違うんだ

HondaADV150 02

日本でも、Honda ADV150が発売されます。
発売日は2020年2月14日(金)で、価格は451,000円(税込み)。

想像していたよりも高いけど、PCX150ベースだからこんなもんか。

乗り出し価格は50万円、中型〜大型のそこそこいい中古買えるじゃん。

現在、並行輸入車が車体価格40万〜45万くらいで出ていますが、メーカー保証付きの日本仕様が同じ価格帯で登場するということで、並行輸入車の相場はもうちょい安くなるでしょうね。

サスストロークは、フロントフォークが130mm、リアサスは120mm。
現行の150ccスクーターとしては最長で、ちょっとオフ寄りになっています。

そこがPCXとの最大の違いなのか。

PCXは世に溢れすぎているので、他人とかぶるのが嫌な人や、PCXからPCXへ買い換えるのもアレだけどPCXの利便性や経済性は捨てがたいという人にはいいかもしれませんね、これ。

続きを読む →

ヨーロッパ向けに新型TMAXが発表、ケツがとんがった模様

YamahaTMAX 2019 01

ミラノショーEICMA 2019で新型「TMAX」が発表。
ユーロ5の排出規制にパスしつつ動力性能をアップ、スポーティーさを強調したスクーター(っていったらヤマハの人に怒られるらしい)となっています。

デザインは2019年モデルとかなり似ていますが、細部をチェックするとやっぱり違いますね。

TMAXというとバイク乗りなら誰でも知っているくらいメジャーなモデルですが、やっぱりそれなりにお高いということ、いわゆるスクーター(厳密には違うらしい)ということで、実際はそこまで見かけるバイクではありません。ヤマハの販売計画をみると、2019年モデルで国内年間300台を目標にしているくらいなので、休日のツーリングスポットに出かけて運が良ければ1台みかけるくらいの普及率ですね。

続きを読む →

【モーサイ2018】ホンダブース「Forza」「PCX EV」「PCXハイブリッド」「PCX 2018モデル」

MCS2018 HondaBooth 17

大阪モーターサイクルショー2018、ホンダブースよりスクーターモデルをチェック!

2018年モデルの「Forza」。
海外では300ccですが日本では250ccの新型Forza。

実物はPCXっぽいな〜という印象。
グローバルモデルなので欧州などでのシティコミューターとして開発されているのでしょう、DQN感のあるビッグスクーターはもはや前時代の遺物なのね。 

続きを読む →

2018年モデル「Forza 300」が発表、前15インチ/12kg軽量化/電動スクリーン/スマートキーなど

2018 Forza300 01

2018年モデルのHonda「Forza 300」が海外で発表されました。

PCXの流れをくむForza 125を継承したデザインに新設計フレームで「Forza Si」から12kgの軽量化(194kg→182kg)。フロントタイヤが15インチになったので、ギャップに強く乗り心地は良さそうです。

ラジエーター、バッテリー、燃料タンクは車体の中心部分に集約されていて、いわるゆマスの集中化というやつで、182kgという数値より軽い感覚で乗れそう。ただ、電動で稼働するスクリーンにバックミラー内蔵式ウインカーなど、故障したら無駄に金が掛かりそうな装備があります。

続きを読む →

PCXのVベルトを交換、クラッチを純正に戻す→完全復活!

PCX Vbeltkoukan 01

前回、PCXのクラッチ交換で台湾製のクラッチを組み込んだ所、加速が終わってしまったので純正のクラッチに戻すことにします。

走行距離は4万Kmを超えていますが、クラッチシューはまだ余裕有り。
流石純正ですね。ただ、Vベルトは交換した方が良さげだったのでついでに新品交換。プーリーはキタコのハイスピードプーリーなので、それに対応するキタコ ドライブベルト(タイプX) を入れます。

続きを読む →