油冷単気筒の250cc旅バイクV-Strom SXがインドで爆誕したらしい

V StromSX 05

久々に気になるバイクが登場したので、ちょっとチェックしてみよう。

インド向けにスズキから250ccのV-Strom SXが登場した。Vストローム250の新型かと思ったら、完全に別モノのバイクとなっていて、ちょっとこれはひょっとするとひょっとするぞ?みたいなバイクになっている。

そんなV-Strom SXの特長をざっとあげてみよう。

V-Strom SXのここがポイント

V StromSX 03

  • V-Strom 1050XTっぽいデザインとカラーリング
  • エンジンはジクサー250の油冷単気筒エンジン 26.5hp
  • ロングストロークの正立フロントフォーク
  • プリロード調節可能なリアサス
  • フロントタイヤは19インチ、リアタイヤは17インチ
  • スポークホイールじゃない
  • 明るいLEDヘッドライト(本当に明るいかどうかは知らん)
  • Bluetoothでペアリングできるメーター
  • USB充電ポート完備

単気筒アドベンチャーバイクの路線で、現地のインドでのライバルはKTMの250アドベンチャーのようだけど、日本では下火となってしまったオフ車の代替としても期待できそうだ。ジクサー250の前例から、日本でも間違いなく正規販売されると思われるので、バイクの買い替え時には頭の片隅に入れておきたいところ。

V StromSX 02

V-Strom SXは神バイクかもしれない

250cc単気筒アドベンチャーバイクとして、かなり完成度の高いスペックになっている。最低地上高205mmでありながらシート高は835mmとそこまで高くない。6速MTで高速走行も期待できる。

気になる車重は167kg。V-Strom 250の車重は189kgなので、乗り比べるまでもなく軽量であることがわかる。さすがジクサー250ベース。代わりにガソリンタンクが12Lしかないが、ジクサーエンジンは燃費がいいので問題無いだろう。

フロント19インチの油冷単気筒アドベンチャーバイク。旅バイクとしては、もうこれ以上無いくらいのポテンシャルを感じる。

ひょっとして、これって神バイクじゃないのか?

V StromSX 07V StromSX 06

V-Strom SXの主要スペック

  • 249cc油冷単気筒エンジン
  • 26.5hp @ 9300rpm
  • 22Nm @ 7300rpm
  • 6速ミッション
  • フロントタイヤ 100/90-19
  • リアタイヤ 140/70-17
  • ガソリンタンク 12L
  • 重量 167kg
  • ホイールベース 1440mm
  • シート高 835mm
  • 最低地上高 205mm

インドでの販売価格は2,778 USD相当ということで、ジクサーSF 250よりちょっと高いくらいか。税込みで50万円前後だとすると、V-Strom 250よりも安価になると予想できる。

V StromSX 01

ジクサーから使いまわしのダウンマフラーも、サイレンサーが短くてパニアケースやサイドカバーを取り付けやすそう。ウインドスクリーン、ナックルカバー、リアキャリアが標準装備で、全体的にそつのない作りになっている。

このバイクにケチをつけるのは不可能に近い。