川の中洲にある謎の廃墟、一体何のための施設なのか?

Kawanonakasu nazonokenzoubutu 03

良い釣り場所は無いかなー?と、川沿いをバイクでノコノコ走っている時に偶然発見したのが、この「謎の施設X」だ。

和歌山県の某1級河川の中洲部分にある。

夏場は生い茂る木々に覆われて隠れているが、草木が枯れる冬場には建物が露出するので観察しやすい。

一体、何の施設なんだろう?

最初は民家かと思っていたが、川の中州にある建物ということで民家であるはずがない。何らかの施設だろうか?

続きを読む →

心霊スポットなどの負のオーラ溢れる場所に行ったら、そのまま帰っては駄目!?

心霊スポットや廃墟スポットに訪れた後、そのまま直帰してはいけないという説がある。

現場から何か悪いものを家に持ち帰ってしまうからだ。

心霊スポットに行ったからといっても実害が無い場合がほとんどだが、まれに、その場所に行った直後に異変が起きたりすることがある。

  • 帰宅後、体調が急に悪くなる
  • 人から「顔が変わった?」と言われる
  • 懐いていた赤ちゃんに避けられる
  • ペットの態度が急変する

Healingspot temple 02

因果関係は不明だが、タイミング的に無関係とも言い難い。

それを防止するために、おまじない的に神社仏閣に参拝してから帰宅すると(気分的に)安心できる。

続きを読む →

とにかく雰囲気が怖い!廃墟となった温泉旅館「倉谷温泉」

Kuradanionsen ryokan 02

和歌山の廃墟スポットとして訪れた中で一番怖かったのが、この「倉谷温泉旅館」。

廃墟スポットなのに心霊スポットのような佇まいで、和歌山県内では間違いなくここが一番ヤバい。

歴史は古く、大正時代から経営されていた温泉旅館らしい。とある理由で1981年に閉業してからは、廃墟化したまま残されている。田んぼの中にある細い山道を進んでいくと、鬱蒼と茂った森の中に埋もれるように出現する様は、かな〜り異様だ。

続きを読む →

淡路島名物、全長100mの巨大スタチュー「世界平和大観音像」

Awajishima daikannon bigstatue 04

淡路島の珍スポット「世界平和大観音像」。

淡路島を下道で走る時に必ず目にするのが、兵庫県淡路市のR28沿いにある白い巨大な観音像だ。

単なる巨大な観音像ではなく、かつてはレストランや温泉などの複合施設として経営されていた。

同じ敷地内には五重塔ならぬ「十重の塔」や「自由の女神」などもあったが、2020年の時点で既に撤去されていた。また、「大観音像」自体も2022年中には解体される予定となっている。

続きを読む →

昭和初期の雰囲気に包まれたアーケード商店街「下渕マーケット」

Shimobuchi markit 04

奈良県にあるボロボロのアーケード商店街「下渕マーケット」。

廃墟スポットに興味を持ち始めて、まず最初に行ったのがここだった。

外観は地味で、とてもこれがアーケード商店街だとは思えない。

何度も通ったことのある道に、まさかこんなスポットがあったとは・・・。

下渕マーケット

  • 奈良県大淀町にあるアーケード商店街
  • 近鉄下市口駅からも歩いて行ける
  • 現在でも1店舗のみ営業している

続きを読む →