大阪の僻地にあるディープな駅とスーパー玉出発祥の地を散策した

Siomibashi line kidugawastation 04

大阪市内にありながら、辺境の地のような異質な場所として知られる南海汐見橋線の「木津川駅」。

鉄筋コンクリートの古めかしい無人駅の駅舎を出ると・・・そこには何もないという、廃墟スポットでもないけどディープでアングラな雰囲気を醸し出すゾーンなのだ。

実はかつては南海高野線の路線として存在していたが、1985年に線路が分断されて支線となって今も現存している。案外利用者は多く、廃線になることはないだろう。

人情あふれる岸里玉出駅から、汐見橋線に乗り換えて向かう。

色んな意味でディープな臭いがしてくると「木津川駅」に到着だ。

Siomibashi line kidugawastation 02

ホームはちょっと古め。
昭和〜平成初期頃の南海沿線でよく見かけたタイプの駅。

Siomibashi line kidugawastation 05

線路を渡って駅舎に入る。

ちなみに、大阪市内なのに電車は30分に1本。木津川駅の利用者は、1本の電車につき0〜2人程度。

Siomibashi line kidugawastation 01

ホームや駅舎に関しては「そんなに言うほどでもないな」と感じたが、改札から外の景色が普通の駅とは違う。

ややスラム感がある。

Siomibashi line kidugawastation 09

無人駅だが、そこは大阪市内。
ICカード対応の自動改札がある。

思いっきり「監視カメラつけてまっせ!」というアピール。これも犯罪抑止に繋がるんだろう。

Siomibashi line kidugawastation 03

駅周辺を散策すると、いきなり不法投棄とタギング。

Siomibashi line kidugawastation 07

ゴミ捨て場と化した市営住宅の駐輪場。

Siomibashi line kidugawastation 06

路駐防止のドラム缶。

Siomibashi line kidugawastation 08

事件の現場か?
荒れ果てた廃墟。

Siomibashi line kidugawastation 10

「西成公園」という大規模な公園。
かつての大阪城公園のように、プロキャンパー達の根城となっている。

ダンボールハウスを超越した住宅が作られていて、雨風は完全に凌げそうだ。仲間内に元大工の匠がいるのかもしれない。社会福祉の世話にならず、西成の生活保護ビジネスの餌食にもならずに自立している人たち。そういう生き方もある。

Siomibashi line kidugawastation 13

そんな公園に似つかわしくない?かわいい猫。
野良猫とは思えないルックス。

Siomibashi line kidugawastation 12

岸里玉出まで戻り商店街を散策した。
ここは、あのスーパー玉出の発祥の地らしい。

Siomibashi line kidugawastation 11

ディープな激安スーパー。
生鮮館のフォントとネオンがエグい。

地方の食料品店やローカルスーパーのような雰囲気もあるが、QRコード決済対応で時代に対応している。

Siomibashi line kidugawastation 17

この「玉出本通商店街」は至って普通のアーケード商店街で、全くディープでもなんでもなかった。

Googleマップの口コミも適当なもんだ。

Siomibashi line kidugawastation 15

それっぽい雰囲気の「玉ニ商店街」。

こっちは古めかしい商店街ではあるが・・・

Siomibashi line kidugawastation 16

照明がLEDで明るすぎる。

これなら、むしろ昼間の方が雰囲気があるだろう。

Siomibashi line kidugawastation 14

蛍光灯の時代なら雰囲気はあったのかもね。

岸里玉出を散策してみて感じたのは、かなり住みやすそうな場所だなということ。

ひったくり注意の看板があるので治安はそれなりかもしれないが、商店街やコンビニ、スーパーがあって駅があって、難波に近い、タワーマンションもある。生活に余裕のある人が多いらしく、人も悪くない。逆に、わざわざ観光?というか散策する意味は感じなかった。

再開発やらなんやらで大阪のディープスポットもかなり少なくなっているし、アンタッチャブルな場所は、むしろ田舎の方が多かったりするね。

YouTube 動画

木津川駅の場所