鳥インフルエンザがよくわかる動画

国立感染症研究所ウイルス第3部長 田代眞人氏によるH5N1型 新型インフルエンザの説明です。

その他、古い記事ですが分かり易い文章。

H5N1型には弱毒型と強毒型があるが、今のトリインフルエンザは以前の強毒型の再来ではなく、共通の先祖である弱毒型から新たに強毒型になったのかもしれない。トリのウイルスがヒトにおける新型インフルエンザウイルスに変化するためには何段階ものバリアーを越えなければならず、それには何カ月もかかるだろう。しかし、ウイルス遺伝子の交雑によってヒト型ウイルスの遺伝子を取り込んだ場合には、一気にヒト−ヒト間の伝播力を獲得する危険がある。今回の H5N1型は強毒型であるので、多数のトリが死亡したために早く気が付いた。従って新型インフルエンザになるずっと手前の段階で対処しうるチャンスがある。一方、従来の新型インフルエンザはトリの弱毒型ウイルスに由来していた。弱毒型のトリインフルエンザはトリが死なないので気付かれず、かえって密かに新型インフルエンザへの進行が進む可能性があり恐い。(国立感染症研究所ウイルス第3部長 田代眞人氏新型インフルエンザ・ワクチンの開発急ぐ)

続きを読む →

鳥インフルのパンデミックに備えて備蓄するリスト

kurebellin.jpg 重要度では、マスク・消毒薬・食料。作業員の感染により、水・電気などのライフラインが一時的に停止する事も考慮しつつ、最低2週間〜2ヶ月以上の籠城生活を想定するのが一般的のようです。

(厚労省曰く、「輸入の減少や停止で生活用品が不足する。感染を防ぐためにも外出は控えることが大切」として2週間程度の備蓄を呼びかけています。)

食料などは「いざ」となったら近場で確保できますので、マスクや消毒薬をとりあえず確保して、生活必需品などは普段から多めに購入して、少しずつ備蓄していっても良いでしょう。

発生時期も被害予想も不明なH5N1のパンデミックだけに備えるとなると、若干腰が重くなりますが、東南海地震を兼ねた備蓄と考えましょう。マスクや消毒薬などは、ネット通販でも揃います。…

続きを読む →

近所の自動販売機のゴミ問題

自動販売機のゴミ問題は、多くの人には関係のないことですが、近くに住む住人にとってはちょっとした悩みになりがち。良くある問題としては、どこかのアホが家庭ゴミを捨てていくという事例。せめてゴミ箱の中に捨てて言ってほしいものですが、そういう人間に限って、自販機の側に放置していきます。

少しのゴミでも、そのまま放置されていると「ブロークンウィンドウ理論」で、他のモラル無き人間もゴミを捨てに来てしまい、いつの間にやらゴミ捨て場と化してしまう事もしばしばあります。…

続きを読む →

お問い合わせ

お問い合わせは、下記のお問い合わせフォームからお願いします。

状況により、お返事にお時間がかかる事もございます。 また、お問い合わせの内容によっては回答致しかねる場合もございます。 何卒ご了承ください。…

続きを読む →