焚き火台のススメ、安物でも十分使えるしバーナーでも使えるし

Takibidai 01

アウトドアといえば焚き火、なんか焚き火台って今すごい人気らしい?ということで焚き火台を入手しました。

折りたためばブックサイズになり、ガスバーナーとボンベよりも省スペースかつ軽量で持ち運ぶことができるので、バイク向きのアイテムではあります。薪の調達と火起こしを考えると手間はかなりかかるので、あまり実用的なアイテムとはいえないですが、火をおこすという原始的な雰囲気を楽しむことができます。

焚き火台には色々なタイプがあって、メッシュシートなだけのシンプルなもの、バーベキュー用のもの、ミニチュアみたいなもの、ストーブタイプのものなどがあります。今回のこれはミニチュアみたいなタイプで、その中でも最も安かったYOLERという謎の中国メーカーの物になります。

価格は安いですが、ちゃんと収納バッグもついています。

Takibidai 02

構造は単純。
なので、組み立ては簡単。
収納も簡単です。

Takibidai 04

キャプテンスタッグの焚き火台のパクリなのか、かなり似ています。
基本的には故障することがないので、最初からお高めの焚き火台を買うのもいいかもしれません。

今回のこれを選んだ理由は、まず価格。
そして重さです。

ステンレス製で800g。
価格は2,000円ちょい。

 折りたたみコンロ 焚火台

 焚き火台を探す

Takibidai 03

焚き火台としても使えますし、バーナーの風よけとしても使えます。

バーナーの風よけとして持ち運び、晴れている時は焚き火台として使うということもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です