新型Tracer 700、MT-07ベースのトレーサーは日本で出るか?

YamahaTracer700 2019 09

ミラノショーEICMAでヤマハから新型「Tracer 700」が発表されました。

っていうか、日本では「Tracer 700」自体が販売されていないので、新型!モデルチェンジ!とか言われても、しらんがな状態なんですけどね。

MT-07ベースのトレーサーで、2020年に登場予定。
日本で出るかは・・・?
来年のモーターサイクルショー 2020で音沙汰がなければ、多分出ないってことでしょう。

新しい「Tracer 700」は、デザインが変わりました。
どう変わったか?はわかりません、旧モデル自体、全く印象が無いので。

従来のヘッドライトに見えるのはLEDポジションライトで、その下にあるプロジェクタライトがヘッドライト代わりという、R1のようなデザイン。

YamahaTracer700 2019 12

YamahaTracer700 2019 14

こっちのほうが分かりやすいかな。
TracerをR1みたいなデザインにしてきたってことは、このエンジンの派生モデルでフルカウルは出ないということか?

YamahaTracer700 2019 13

足回りはMT-07と似ていますが、フロントフォークのスプリングとセッティングは変更されています。

2020年モデルのMT-07やXSR700でも、同様のスプリングとセッティングが適用される可能性もあります。

YamahaTracer700 2019 04

カラー液晶メーター。

YamahaTracer700 2019 03

かなり高めのハンドル。
アップライトのライディングポジション。

YamahaTracer700 2019 10

LEDウインカーはハンドガードの真下。

YamahaTracer700 2019 06

エンジンはユーロ5の排出規制をクリアするために、微調整されています。

YamahaTracer700 2019 08

ブレーキやタイヤサイズは変更なし。

YamahaTracer700 2019 05YamahaTracer700 2019 11YamahaTracer700 2019 07

「Tracer 700」はヨーロッパ市場向けに3月に発売予定です。

日本では・・・多分、出ないでしょう。
ミドルのアドベンチャーモデルは日本ではあんまり売れないようで、本格的に作り込んでいるSuzukiのVストローム650の一人勝ち状態。VストはXTもあるので、やっぱり強いんでしょうね。

アップライトのボジションでハーフカウル付きのMT-07といえば、普通に需要はあると思いますけど、メーカーの判断で出さないということは、売れないっていうことなんでしょう。