日本仕様のGIXXER250が東京モーターショー2019で登場

Gixxer250sf jpedition

ホンダの新型ハンターカブCT125に続き、スズキも「第46回東京モーターショー2019」でお披露目する二輪車を発表しています。

インドで販売されている250ccの「GIXXER 250SF」と「GIXXER 250」が、ジャパンプレミアとしてスズキブースに展示されるとのこと。油冷単気筒エンジンを搭載したリーズナブルな250ccバイクで、日本では現在、インド仕様車の並行輸入の取り扱いがありますが、これがスズキによって日本仕様車が販売されることになるということで、ちょっと気になるところ。

インド仕様車と日本仕様車の違いは、タイヤの銘柄が変わるなどの変更が加えられるようです。

東京モータショーの一般公開日は、10月25日~11月4日まで。

大阪〜東京間は、新幹線で3万円くらい。
バイクで移動すると500kmで高速代が12,000円くらい。
最低でも4回給油するから1600×4でガソリン代は6,400円くらいで、トータル2万円くらいか〜。

悩む所ですね。

新幹線でいくのは楽だけどネタにならないし、バイクで行くとネタにはなるし新東名も走れるけど、MT-09でもめっちゃ疲れるでしょうし事故のリスクもあるしね。

どうするかな。

バイク目当てで行くようなイベントじゃないっていうのは、東京モーターショーに行った人の感想であるので、他に何か目的があれば・・・富士山とか箱根とか。