これが完成されたカブの姿「スーパーカブC125」コンセプトモデルとして登場

SuperCUB 125 02

Hondaが東京モーターショー2017で、コンセプトモデルとしてワールドプレミア出展した「スーパーカブ C125」。

初代スーパーカブC100のデザインを踏襲して、125cc空冷OHCエンジンを搭載。LEDヘッドライトにスマートキー、電動シートオープン機能も搭載。キャストホイールでチューブレスタイヤ

SuperCUB 125 01

フロントブレーキはディスク。
1ポットキャリパーだけど、カブ初のディスクブレーキ! 

なぜ?これがコンセプトモデルなのか理解に苦しみますね。

110をこっちにしたらいいのに。電動シートオープナー(カブのシートをオープンするのは給油のときだけ)とかスマートキーはいらないので、キャストホイールにディスクブレーキ、125ccエンジン搭載で出せばいいのにね!という声もチラホラありそうですがどうでしょうか。

SuperCUB 125 04SuperCUB 125 03

カスタムされたカブにも見える。
もしこれが市販されたら、カブをガンガンにカスタムする人は減るでしょうね。

Source: Super Cub C125