国内生産になったスーパーカブ50/110、カブPRO50/110が発表

SuperCub 2017model 05

Hondaより2017年モデルのスーパーカブ50/110スーパーカブ50/110 PROが正式発表されました。

2017年モデルより日本国内生産になり、デザインが丸目に回帰して、LEDヘッドライトを搭載。排ガス規制にも対応しています。

価格は、50が23万2,200円(税込み)110が27万5,400円(税込み)。
PROは50が25万3,800円(税込み)110が29万8,000円(税込み)。 

スーパーカブ50 2017年モデル

デザインは50と110で共通。
カラーリングは違います。 

SuperCub 2017model 01

スーパーカブ110 2017年モデル

SuperCub 2017model 02

SuperCub 2017model 06

エンブレムが復活。

SuperCub 2017model 03

気になるポイント!
マフラーのエキパイ部分にメガボムらしきものがあります。

薄くなった燃調でトルクを出すためのものか、触媒(キャタライザー)でしょうか。
これ、カブ50にもついてるので中々ですね。 

オイルフィルターはカードリッジタイプになっています。

馬力は、50で3.7ps@7,500rpm、110で8ps@7,500rpm。
カタログ値では、旧モデルとほぼ変わりません。 

SuperCub 2017model 07

カブPROもLEDヘッドライトになってます。

SuperCub 2017model 08