ヤマハ、近未来電動バイク「MOTOROiD」やロボット「MOTOBOT 2」など、東京モーターショー2017に出展

YAMAHA MOTODroid 01

10月27日(金)~11月5日(日)まで開催される東京モーターショー2017で、ワールドプレミア出展される「MOTOROiD(モトロイド)」。

近未来型の電動バイクで、乗り手の存在を意識するということです。具体的にどんなものなのかよく分かりませんが、対話したりできるのかも。

新しい感動体験の創出を目的に、知能化技術というインテリジェンスを用いて、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指す概念検証実験機です。開発コンセプトは、「UNLEASHED PROTOTYPE(常識からの解放)」。オーナーの存在を認識するなどまるで生きているようなインタラクション(相互作用)機能を持ち、こうしたチャレンジに取り組みながら、新しい価値を生み出す技術の獲得を目指しています。

YAMAHA MOTODroid 02

もう1つワールドプレミアなのが、「MOTOBOT Ver2」。

バイクに乗るロボットのバージョン2です。
サーキットでロッシとバトルして、どちらが勝ったのか?10月25日に明らかにされるということです。

果たして、病み上がりで絶不調のロッシに勝てるのかッ!!??

モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合し、未知の領域を開拓する自律ライディングロボットです。車両そのものには手を入れず、ヒト側から見た車両操作にフォーカスし、高速でのサーキット走行を可能にしました。2017年の開発マイルストーンとして設定したのは、「200㎞/h以上でのサーキット走行」と、MotoGPのトップライダー、バレンティーノ・ロッシ選手とのバトル。MOTOBOTの開発で得た高度な要素技術や知見は、既存ビジネスの新たな価値創造や、新規ビジネスの開拓に活かされます。

YAMAHA MOTODroid 03

ジャパンプレミアの電動アシストチャリ「TPJ-XC」。

XCという名の通り、クロスカントリーMTBです。
最新のパワーユニット「PW-X」を搭載し、より市販モデルに近づけたということです。

重さとかどのくらいなんでしょうね。

電動アシスト自転車の新たな価値を創出する「YPJ」シリーズの新提案。第44回東京モーターショーに出展した「YPJ-MTB Concept」をベースに、最新のパワーユニット「PW-X」を搭載し、より市販モデルに近づけたマウンテンバイク「YPJ-XC」。加えて、欧州で定評のあるパワーユニット「PW-SE」を搭載し、YPJシリーズにさらなる大容量バッテリーとパワーを与えたクロスオーバーロードバイク「YPJ-ER」、フラットバーロードバイク「YPJ-EC」、トレッキングバイク「YPJ-TC」の4モデルを出展します。

Source: ヤマハ発動機株式会社