ティファールのフライパンの寿命と長持ちさせる方法とは?

TeflonFlypan is dead

数年程度使っているティファールのフライパンが剥がれてきました。
テフロン加工フライパンの宿命ですね。

テフロン加工といっても油いらずなのは最初のうちだけ。ある程度使い込むと、卵焼きなどを作る時には、ちゃんとサラダ油を敷いて熱してからじゃないと上手く焼けなくなります。さらに、そのレベルを超越すると、このようにバリバリと剥がれています。

テフロン加工のフライパンの製品寿命は?

これ、結局のところ3年程度というのが一般的なようですね。
使い込み方によって変わるので、毎日使っていれば2年でテフロンが剥がれてくることもあるそう。

あとは、樹脂製のフライ返しを使わずに、鉄のコテでガンガンやってるとすぐ剥がれます。餃子を作る時などには、雰囲気的にやっぱり鉄のコテを使いたくなるのが人情ですが、大人しく樹脂製のフライ返しを使うほうがいいでしょう。

買い替えの目安としては、テフロンが剥がれる前のちゃんと焼けなくなった時。
油を敷かないと焦げ付き出したら、買い替えを検討するのが良さそうです。

テフロン加工のフライパンを長持ちさせるには?

ティファールによると、以下の事を心がけると、耐用年数が延びるとされています。

  • 樹脂製のフライ返しを使う
  • 空焚きを避ける
  • 高温(強火)での調理を避ける
  • 調理したものを入れたままにしない(カレーやシチューなどでありがち)

高温での調理を避けるというのはちょっと現実的ではありませんね。というか、調理器具として矛盾しとるがな!という気もします。

まあ、そこまで神経質にならずとも、数年で買い換えることを前提として使うのが賢いのではないでしょうか。

【楽天市場】ティファール セットの通販