[250SB/Dトラ] KX250Fのフロントフォークガードを取り付け

250sb dtra KXforkguard 03

250SB/キャブトラのフロントフォークガードは角張っていて如何にも古くさいので、これを今風の曲線美が素敵なフォークガードに交換するという定番カスタムがあります。

「KX250F」か「DトラX」のフォークガードに交換するという2通りが定番。2つの違いは、KX用のが500円ほど高い、KX用はデカールがそのまま使える。DトラX用にはメーターケーブルを固定する金具が最初からついている点など。

2004年頃のKX用のフォークガードなら上部のガイドを利用可能ですが、今時のフォークガードには最初から上部のガイドは付いていないので、最新のKX用のフォークガード(エボニー)とDトラX用のメーターケーブルバンドを注文しました。

  • 5502004426C:2,246円
  • 5502004416C:2,246円
  • 92072-1414:108円

取り付けには、M6のスペーサー 15mm、M6ボルト(ピッチ1.0)25mmと20mm、M6ワッシャーなどを使用。

250sb dtra KXforkguard 12

250sb dtra KXforkguard 01

上部のガイドを取り外し。

250sb dtra KXforkguard 04

フロントにある穴にスペーサーをかませて取り付け。
サイドの部分の穴の位置を確認して、6mmドリルで穴開け加工します。

最初、スペーサー無しで取り付けようとしたので穴の位置がズレていますが、まあ気にしない。

250sb dtra KXforkguard 05

サイドも若干隙間ができます。
合うスペーサーが無かったので、ワッシャーを5枚くらい重ねて対応。

250sb dtra KXforkguard 06

サスをフルボトムさせても接触しないか確認。

250sb dtra KXforkguard 07 

ブレーキ側も同じくフロントにスペーサーですが、サイドはワッシャー要らず。
純正のボルトで締め付けました。

250sb dtra KXforkguard 08

DトラX用のケーブルバンド。

250sb dtra KXforkguard 09

位置決めしてマジックで印を付けて、6mmドリルで穴開け。
若干グリグリして穴を広げてバンドを取り付けます。

余計な部分はニッパーでカット。
結束バンドのようですが、マイナスドライバーでツメをあげると外せるようになっています。

メーターケーブルの固定用ゴムパーツもニッパーで取り外し。

250sb dtra KXforkguard 10

間違えて開けてしまった穴は、適当なシールで誤魔化し。

250sb dtra KXforkguard 11

なかなか、いいんじゃないっすか?
まさか間違えて穴を開けて汚くなってる上に、ワッシャー重ねまくって誤魔化してあるフォークガードとは誰も思わんでしょう。 

ブレーキ側はブレーキホースを1回捕り外さないといけないので、しばらくはアシンメトリーでいきます。