[250SB/Dトラ] スプロケ交換とリンクのグリスアップ

D traklx FsprocketSwap 05 

スプロケ交換。ホントは、チェーン交換と同時に行う作業なのですが、何だかんだで今頃交換。リアを外すついでに、リンクの清掃とグリスアップも行いました。

スプロケはサンスター。中低速寄りに振る13-42はフロントアップがやりやすいということですが、チェーンが106L必要なので、今回はノーマルの14-39で。

Fスプロケの取り外し

鬼門なのがFスプロケの取り外し。
これさえできれば、後は簡単。ホイールの取り外しができる工具があるなら、不安無く作業が完了します。

D traklx FsprocketSwap 01

  1. カバーを外す。
  2. Fスプロケナットには、回り止めとして、ワッシャーが曲げられているのでそれを元に戻します。(マイナスドライバーとハンマーでコンコンとやりました)
  3. バイクのフロントタイヤを壁に当てて、ギアをローに入れる。
  4. バイクに乗ってリアブレーキを踏みながら、ナットを緩める。

ナットが緩めばこっちのもの。
スプロケの交換は、リアホイールを外した時にやるのが簡単。 

D traklx FsprocketSwap 02

お次はリアスプロケ。
メガネの方を緩めます。手トルクで締め付けトルクを大体覚えておく。 

D traklx FsprocketSwap 11

締め付けトルクは32 Nmですが、メガネで締め付けることになるので手トルクでやりました。

ついでにリンクのグリスアップ

D traklx FsprocketSwap 08

リンクは番号順に取り外し。
ニードルベアリングには、グリスをたっぷり塗り込み。 

D traklx FsprocketSwap 09

購入後初のグリスアップでしたが、納車前整備でバイク屋がグリスアップしてくれていたようで、グリスは残っており、錆びは無く状態は悪くはありませんでした。良かった。

D traklx FsprocketSwap 10

「G」の部分は全てグリスアップ箇所です。

Fスプロケの取り付け

D traklx FsprocketSwap 06

Fスプロケの締め付けの前に、リアを元に戻します。

D traklx FsprocketSwap 07

緩めた時と同じようにして、ナットを125 Nmで締め付け、ワッシャーを折り曲げて完了。

ワッシャーは新品交換が基本ですが、注文し忘れていたので再利用しました。

リンクのグリスアップは、また今度、スイングアームも外してしっかりやろう。

  • リアアクスルナット:110 Nm
  • Fスプロケナット:125 Nm
  • リアスプロケナット:32 Nm