[PCX] 消耗したバッテリーの充電

sc650.JPG

本格的な冬になり、グリップヒーターを使用しつつも近場の移動が殆どになってしまっているPCX。放電ばっかりでどうもバッテリーが弱っているらしく、グリップヒーターをONにするとヘッドライトがちらちらしたり、ウインカーの最初の点滅がおかしかったり。

冬だからこんなもんかと思いつつ、バッテリーの充電を行うことにしました。

充電器は、バイク用のバッテリー充電器「BAL」「meltec SC650」「オプティメート4」が有名どころ。その中から、バイクの他に軽自動車や普通自動車のバッテリーも充電することができて、価格が安く、耐久性もありそうな「SC650」を選択。

-端子外してから+端子外してバッテリーを外し。(外すときは-から、付けるときは+から。)充電器のメモリをバイクに設定してから、+クリップ付けて-クリップ付けてコンセント接続。

充電完了ランプが付くまで5時間程。
動作中のファンの音は結構五月蠅い(古いPC並)ので、人間とは別室にて充電。

充電の効果はてきめんで、グリップヒーターをONにした状態でも、ヘッドライトやウインカーが安定動作するようになりました。