[PCX] ブレーキフルードの交換

pcx_brakeoil-1.jpg

PCXはありがた迷惑なことにコンビブレーキなので、フロントブレーキをかけたときと、リアと連動するときに作動する部分が別系統になっています。リアと連動する部分のブレーキフルードは、フロントのあの黒いパーツを外さないといけないので今回はフロントのみを交換しました。

用意した物

  • ブレーキフルード DOT4
  • +ドライバー
  • 8mmのメガネレンチ
  • 耐油チューブホース 内径5~6mm(ホムセンで切り売りのやつ)
  • スポイト(フルードを入れたり、入れすぎたのを取る用)
  • フルードを受ける容器
  • 洗浄ビン(フルードがこぼれたときに直ぐに洗い流す用)
  • キッチンペーパー、ウエス

作業手順(以下のサイトやサービスマニュアルを参照)

pcx_brakeoil-2.jpg

マスターシリンダーの+ネジを舐めないように外し、上蓋とゴムのパッキンを外して、周辺にブレーキフルードが付着しないようにウエスを巻いておきます。

pcx_brakeoil-3.jpg

ブレーキキャリパー上のキャップを外し、メガネレンチとチューブ、それに容器をセッティングします。

ここからざっくりいきます。

  1. キッチンペーパーでマスターシリンダー内にあるブレーキフルードを吸着させて空にする。(この時、ブレーキレバーを引いてしまうとエアを噛んでしまうので、絶対に触れないように注意)
  2. 空になったら、新しいブレーキフルードをマスターシリンダーに補充する。
  3. ブレーキレバーを握りながら、メガネレンチでボルトをちょっと緩める。
  4. ブレーキフルードがちょっと出る。
  5. メガネレンチでボルトを締めて、ブレーキレバーを離す。

以後、3,4,5を数回繰り返す。マスターシリンダーにあるフルードが少なくなったら、空になる前に補充する。

pcx_brakeoil-4.jpg

チューブを通るフルードが綺麗になるまで繰り返します。
もし、エアを噛んでしまっているようなら、エアが抜けるまで同じ作業を繰り返します。

pcx_brakeoil-5.jpg

意外とバカにできないブレーキフルードの交換。
体感してブレーキの効きが良くなりました。

エアの噛みは、作業を続ければいいだけなのでそれほど恐れる必要はありません。プラスネジを舐めない事と、最終的に入れるブレーキフルードの量には注意したほうが良いです。